リフォームを前提にして選んだマンションを貸す

長い目で見るととても魅力的

マンションを探して賃貸経営をしたい : リフォームしてから貸し出そう : 長い目で見るととても魅力的

間取りが問題だったので改修することができるかについても聞いてみたところ、ほとんどの壁が構造上重要なものではなくて間取りを変更するのが比較的容易な仕様になっていたのも魅力的な点です。
水回りなどの配管もよく考えられて各所に集約されていたので制限がかなり少なく、自由度高く間取りを変えられる物件でした。
当面は外壁塗装などの必要もないということがわかり、そのマンションを購入して間取りを変更して貸すことに決めました。
不動産会社に出入りしていた業者と連絡できたお陰で速やかに売買からリフォームまでを行って経営を始めることができました。
貸す段階になって自分が行った情報収集の結果が正しかったかどうかで不安にはなりましたが、年度末になると急激に入居者が増えて満員御礼になり、そのまま満室の状態を維持して経営をすることができています。
費用も最小限に抑えることができたのでローンもわずか15年で完済できる予定になっているので、不労所得だけで生活できるような時期が来るのもそれほど遠いことではないでしょう。
50年は使えるということも考えると、老後の収入の不安がなくなる点で良い選択ができたと感じています。
近隣にあるので管理も比較的簡単であり、入居者とも近所付き合いができて良い形で経営ができているのが現状です。